マネバナナ

アーリーリタイアを夢見る30代新米ママが好きなことを好きなように書いています

書評

『ネイチャーエデュケーション』コロナで遠出が難しいこの夏は、近所の公園で自然遊びを楽しもう!

『ネイチャーエデュケーション 身近な公園で子どもを夢中にさせる自然教育』を読みました。 娘が歩くようになって、お散歩が楽しい今日この頃。 でも、ただ歩いているだけだと刺激が少ないのが悩み。 もっと自然と触れ合わせてあげるには、地方に旅行に行か…

『子どもの絵の見方,育て方』うちの子はお絵描きが好きではない?本当は好きではないのではなく、描けなくなっているのかも。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 『子どもの絵の見方,育て方』を読みました。 子どもの絵にはこんなにたくさんの情報が盛り込まれているのかと、驚きの連続でした。 この本を読むと、子どもの絵を見る目が変わります。 「うちの子はお絵…

『賢い子を育てる夫婦の会話』夫婦の会話は一方の努力では変わらない。この本は夫婦で読むべき。

// 『賢い子を育てる夫婦の会話』を読みました。 最近心を入れ替えて、夫との会話を増やすようにしている私。 なるべく優しく接するようにも心がけています。 でも、まだ全然ダメ!! すぐイライラしちゃう。笑 「こんな私を助けてくれるかも!」と思い、本…

『世界最高の子育てツール SMARTゴール』SMARTゴールを使って自分で目標を立て行動できる子に。まずは私から始めてみます!

// 『世界最高の子育てツールSMARTゴール 「全米最優秀女子高生」と母親が実践した目標達成の方法』を読みました。 またまたボーク重子さんの本。 日本で生まれ育った私にとって、この方の本に書かれたアメリカ人の考え方はどれも刺激的で勉強になることば…

『働き方5.0 これからの世界をつくる仲間たちへ』働き方に悩む人はもちろん、子育て中の人も必読。

// 落合陽一さんの『働き方5.0 これからの世界をつくる仲間たちへ』を読みました。 新型コロナウイルスをきっかけに、また働き方についてうだうだ考えるようになりまして…。(働き方もなにも本当は働きたくないんだけど…。笑) 何かヒントをもらえればと思い…

『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!』「うちの子、全然読み聞かせを聞いてくれない」という方に私が心からおすすめできる本

// 『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!』を読みました。 ますます「読み聞かせ頑張ろう!」と思わせてくれる本でした。 目次 内容 感想 内容 著者は教育環境設定コンサルタントの松永暢史さん。 本書では、著者自身の経験やこれまでに見てきた子…

『自分のアタマで考えよう』これまでの人生、全く自分の頭で考えていませんでした。

// ちきりんさんの『自分のアタマで考えようー知識にだまされない思考の技術』を読みました。 この本を読むのは2度目。 前回は、読んで満足してしまっていたことが判明しました。 目次 内容 感想 内容 「自分の頭で考える」とはどういうことなのか、そのため…

『遊びが学びに欠かせないわけ』私の子ども時代にはあったけど、今の子どもたちにはないもの。

// 『遊びが学びに欠かせないわけー自立した学び手を育てる』を読みました。 けっこう読むのが大変で、途中3冊も別の本に浮気してしまいました。笑 目次 内容 感想 内容 著者の息子が学校で問題行動を起こすようになったことをきっかけに、子どもにとっての…

【小説】『虹いろ図書館のへびおとこ』人の成長を助けるのは「人」と「本」

// 『虹いろ図書館のへびおとこ』という小説を読みました。 本書は第1回氷室冴子青春文学賞を受賞おり、全国学校図書館協議会選定図書にもなっている児童文学です。 懐かしさや発見、考えさせられることが多く、大人でも充分楽しめる本でした。 目次 あらす…

『世界基準の子どもの教養』グローバル社会で求められるのは、自分の意見を構築し、社会に貢献できる人物。

// 『「全米最優秀女子高生」の娘が母から教わった世界基準の子どもの教養』を読みました。 今回もボーク重子さんの本です。 子育てに役立てようと手に取った本ですが、自分の今後の人生を考えるうえで、とても参考になる本でした。 子育てしているかどうか…

『世界最高の子育て』成績が良くてもアメリカの一流大学には受からない!求められるのは非認知能力。

// 『「全米最優秀女子高生」を育てた教育法 世界最高の子育て』を読みました。 ボーク重子さんの本は2冊目。 前回読んだ『「非認知能力」の育て方~心の強い幸せな子になる0~10歳の家庭教育~』とほぼ同じ内容であることは承知の上で読んだのですが、前回…

『未来のイノベーターはどう育つのか』イノベーターの資質はAI時代を生きる人間にとって不可欠なもの。

// 『未来のイノベーターはどう育つのか』を読みました。 私は娘に「学校の勉強ができる子」になって欲しいとは思っていません。 それよりも、「自分の好きなことがわかっていて、それに没頭できる子」、「自分の頭で考えて何かを創り出す力のある子」、「自…

『こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て』子どもの制作活動で非認知能力を伸ばすための参考書!「これは何?」がNGワードとは知らなかった。

// 『こころと頭を同時に伸ばすAI時代の子育て』を読みました。 今回も非認知能力に関する本です。 テーマはアート。 落合陽一さんの『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』を読んでSTEAM教育について知っ…

『「非認知能力」の育て方~心の強い幸せな子になる0~10歳の家庭教育~』私の子育ての目的は娘の非認知能力を伸ばすこと

『「非認知能力」の育て方~心の強い幸せな子になる0~10歳の家庭教育~』を読みました。 非認知能力に関する本は久しぶり。 私が子育てにおいてやるべきこと、やらないことを再認識する良い機会となりました。 // 目次 内容 感想 内容 著者はICF認定ライフ…

『子育てに「もう遅い」はありません』子どもの成長は急ぐ必要なし!「見える力」ではなく「見えない力」を育てよう。

// 『子育てに「もう遅い」はありません』を読みました。 娘は1歳6ヶ月。 今のところ、子育てにおいて「あーしておけばよかった…。」と思うようなことはないのだけれど、未来はわからない。 自分の子育てを後悔するようなことのないよう、先回りして読んで…

『モンテッソーリ教育で伸びる子を育てる!』モンテッソーリ教育をそのまま取り入れたのでは不十分!必要な視点とは?

// 『モンテッソーリ教育で伸びる子を育てる!』を読みました。 今までのモンテッソーリ教育の本とは一味違って新鮮な内容でした。 目次 内容 感想 内容 著者は幼児教育研究家の平川裕貴さん。 モンテッソーリ教育の考え方を取り入れた、英語の幼稚園型スク…

『100万人が信頼した脳科学者の絶対に賢い子になる子育てバイブル』子どもの前で夫婦喧嘩をするのは良くないけれど、もっと良くないのは…。

// 『100万人が信頼した脳科学者の絶対に賢い子になる子育てバイブル』を読みました。 Amazonでベストセラーになっていたので、「とりあえず読んでおくか。」と購入したのですが、私にとっては気づきの多い良書でした。 目次 内容 感想 内容 著者は脳科学者…

『子供4人 共働き 賃貸60㎡でシンプル丁寧に暮らす』暮らしのアイデアだけでなく、自分の中の基準を明確にするベリーさんの思考から真似したい!

// 『子供4人 共働き 賃貸60㎡でシンプル丁寧に暮らす』を読みました。 著者ははてなブロガーで、「ベリーの暮らし」というブログを運営されているベリーさん。 私がベリーさんのブログを知ったのははてなブログ繋がり、ではなく、お金の管理についてネット…

『10億件の学習データが教える理系が得意な子の育て方』小学生のお子さんがいる方には、ぜひお子さんのために読んでもらいたい!

// 『10億件の学習データが教える理系が得意な子の育て方』を読みました。 算数・数学が苦手だった私は、「これ、私が小学生の時に教えて欲しかったー!」と思いながら読みました。 小学生のお子さんがいる方には今すぐこの本を読むことをおすすめします。 …

『お母さんの敏感期』子どものこだわりは自律への一歩

// 『お母さんの「敏感期」ーモンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる』を読みました。 モンテッソーリ教育関連の本はこれまでにも読んでいるので、知っていることがほとんどでした。 でも、「知っている」けど「できていない」ことがあることを実感。 …

『子どもの目が輝くとき』子育てが大変な時期こそ、子どもへの接し方が重要。

// 和久洋三さんの『子どもの目が輝くとき』を読みました。 子育てに対する「責任」を改めて意識させてくれた本でした。 目次 内容 感想 内容 著者はわくわく創造アトリエを運営する和久洋三さん。 「生き生きと育とうとしている子どもが自分の能力を存分に…

【小説】『スロウハイツの神様(上)(下)』伏線の回収術が圧巻!

// 辻村深月さんの小説『スロウハイツの神様』を読みました。 『まなの本棚』で芦田愛菜ちゃんが辻村さんの小説を絶賛していて、ずっと気になっていたので。 読んでみて、愛菜ちゃんが絶賛する気持ちがわかりました。 私も辻村深月ファンの仲間入りです! 目…

『読書する人だけがたどり着ける場所』本書を読めば本との距離がどんどん縮まる

// 齋藤孝先生の『読書する人だけがたどり着ける場所』を読みました。 以前、芦田愛菜ちゃんの『まなの本棚』を読んで、読書から得られるものについては愛菜ちゃんの成長を通してしっかりと理解したのですが、齋藤先生のお考えも知りたいなと思い、本書を手…

【小説】湊かなえ『花の鎖』すべてつながった時の気分は爽快!読後も物語の中で生き続けられるストーリー

// 湊かなえさんの『花の鎖』を読みました。 湊かなえさんの本は途中で閉じるのが難しいので週末まで我慢しようと思ったのですが、堪えられず…。 読みかけの本を放って読み進めてしまいました。 またしても寝不足です。 目次 あらすじ 感想 あらすじ 両親を…

【小説】湊かなえ『告白』同じ光景を見ていても見え方はこんなにも違うものなのか

// 湊かなえさんの『告白』を読みました。 実は私、湊かなえさんの作品を読んだのは今回が初めて。お恥ずかしい…。 この1冊でファンになりました。 現在、湊かなえさんの作品を片っ端から読みたい衝動に駆られています。 目次 内容 感想 内容 「愛美は死にま…

『引っぱりだす!こぼす!落とす!そのイタズラは子どもが伸びるサインです』1歳児を育てるママさん・パパさん!1歳児の取扱い説明書見つけました!

// 『引っぱりだす!こぼす!落とす!そのイタズラは子どもが伸びるサインです』を読みました。 この本は娘の取扱い説明書か!って思うくらい、娘の謎行動の意味を解説してくれていました。 すごく面白かったです! 1歳児を育てるママさん、パパさん、必見…

『子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!』育脳は「なにをやらせるか」よりも親と子の悪しき習慣を取り除くことが大切

// 脳医学者である林 成之先生の『子どもの才能は3歳、7歳、10歳で決まる!脳を鍛える10の方法』を読みました。 この本については前から知っていたのですが、なんとなくタイトルが好きではなく、手に取っていませんでした。 先日読んだ、小川大介さんの『5歳…

『賢い子に育てる最高の勉強法』親だけでなく、勉強に悩む中学生・高校生にも役立つ!

// 齋藤孝先生の『賢い子に育てる最高の勉強法』を読みました。 今回も勉強になる内容ばかりでした。 目次 内容 感想 内容 学生時代の勉強だけでなく、その後の会社勤めでも、子どもが仕事に困らないようにするための「最高の勉強法」を指南した本。 今の社…

『5歳から始める最高の中学受験』自分の子育て方針が見えてきた!

// 『5歳から始める最高の中学受験』を読みました。 またしても小川大介さんの本。 今回も途中から「あれっ?なんで私、娘が1歳なのに中学受験の本を読んでいるんだっけ?」となりました。笑 目次 内容 感想 内容 中学受験のスタートは、一般的に言えば小学…

『子どもが生きる力をつけるために親ができること』娘に「お友達と仲良く遊べた人?」と聞くのをやめました。

// 『麹町中学校長が教える 子どもが生きる力をつけるために親ができること』を読みました。 『学校の「当たり前」を変えた校長先生が子育ての「当たり前」について考えてみた。』というフレーズに惹かれて。 今まで読んできた子育て本とは一味も二味も違い…