マネバナナ

アーリーリタイアを夢見る30代新米ママが好きなことを好きなように書いています

書評

『脳を傷つけない子育て』を読んでみた。子どもの困ったふるまいの原因は親の余裕のなさが生む。

突然ですが、マルトリートメントという言葉を知っていますか? ひとことで言うと「不適切な養育」という意味の言葉です。 私は『脳を傷つけない子育て』という本で初めてこの言葉を知りました。 最近は虐待のニュースが本当に多いです。 目も耳も塞ぎたくな…

子供に勉強勉強という前に、落合陽一さんの『ゼロヒャク教科書』を読んでみよう!

落合陽一さんの『ゼロヒャク教科書』を読みました。 正式名称は『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』です。 大人の教養本としてだけでなく、小さなお子様から高校・大学生のお子様を持つ親御さんにとっ…

2019年本屋大賞ノミネート作品『そして、バトンは渡された』を読んだ感想。油断していたら最後に泣かされた!

2019年本屋大賞ノミネート作品『そして、バトンは渡された』を読みました。 本の帯に書いてあった「王様のブランチBOOK大賞 2018受賞作」という文字に惹かれて購入。 内容も、本屋大賞ノミネート作品ということも知らなかったので、あまり期待していませんで…

ストレングス・ファインダーで自分の強みを知ろう!『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版』を購入すると自分の資質がわかる!

前回の記事で紹介した『複業の教科書』。 その本の中で、自分にあった複業を見つけるステップとして「自分自身の価値と原点を知る」という項目があります。(第3章のステップ1) 著者は自分を知る方法としてライフラインチャートとストレングスファインダー…

『複業の教科書』は「副業 おすすめ」で検索したけど何も始められていない人におすすめ

西村創一朗さんが書いた『複業の教科書』という本を読んでみました。 正式な本書のタイトルは『人生もお金もひとつの会社にゆだねている人に取り返しがつかなくなる前に読んで欲しい複業の教科書』です。 目次 本書を手に取ったきっかけ 本書の目次 概要 感…

両親に終活させたくて内館 牧子さんの小説『すぐ死ぬんだから』を読んでみた。育児そっちのけで一気読みしてしまうほど面白かった!!

内館牧子さんの『すぐ死ぬんだから』を読んでみました。 内館牧子さんの本を読むのは約20年ぶり。 確か中学生か高校生の時。 自分の容姿が気になり始めた思春期の頃に『BU・SUーすべてのプリティ・ウーマンへ』という本を知って、タイトルからブスな自分の生…

『年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人』を読んでみた

『年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人』を読みました。 金川顕教さんという方が書いた本です。 目次 著者について 本書の概要 本書の中で私が「なるほど!」と思った内容 感想 著者について 金川さ…

子育てに悩むすべてのママとパパへ『小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て』

// 子育ての疑問・不安が次から次へとわいてくるので、Amazonで子育てに関する本を探してみました。 たくさんある子育て本の中からタイトルと内容を見て『小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て』を購入。 慶應義塾大学医学部小児科教授 高橋孝雄先生が書い…

女の子を子育て中のママに読んで欲しい!『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』を読んでみた。

// 娘が産まれてもうすぐ1ヶ月。おっぱいをあげて、おむつ交換して、寝かしつけていたら11月も終わりに。こうやって毎日育児に追われて、復職したら仕事と育児に追われて、気が付いたら娘は思春期真っただ中とかなってそう…。娘の寝顔を見ながら、ふと、そん…

小学生向けだけど大人にもお薦めの本『小さな町の風景』

今週のお題「読書の秋」 今年も残すところ2ヶ月をきりました。 最近、朝晩がぐっと冷え込むようになり、冬が近いんだなと感じます。 10月末に出産して以来、家から2回しか出ていないので、あまり季節感のない生活をしてはいるのですが…。 私は本を読むのが大…

【書評】バビロンでいちばんの大金持ち

バビロンでいちばんの大金持ち 古代都市バビロンを舞台に、人々が豊かになるためのヒントが物語形式で書かれている本です。 出だしは、ある貧乏な男バンシルが「お金持ちはどうやってお金持ちになったのか」と考え始めるところからスタートします。 そして、…

投資を始めたい人におすすめ!!『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』

今日は「投資を始めたいけど、何から手を付けたらいいかわからない。」という方へお薦めの本を紹介したいと思います。 その名も 『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてくだ…

10月19日公開の映画『億男』の原作を読んでみた

2018年10月19日(金)から公開の映画『億男』を知っていますか? 川村元気さんという方が原作を書いていて、佐藤健さんと高橋一生さんが主演をされている映画です。 私は読書と同じくらい映画が大好きなんです。 特に邦画。 洋画が嫌いというわけではないの…

【書評】読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方 AFP資格を持ち、消費生活アドバイザーの山崎俊輔さんが書いた本です。 // 「はじめに」の部分にお金の問題は5つのキーワードで改善するとあったので読んでみました。 5つのキーワードは ①…

【書評】マジメ系クズでもできる消耗しないで稼ぐ極意 サラリーマンのままで副業1000万円

サラリーマンのままで副業1000万円 夫が繰り返し読んでいる お気に入りの本です。 今まで私はこのタイトルと表紙があまり好きではないせいか?読んでいませんでした。 ちょっと胡散臭い感じがするというか… でも、出産を控えて「しばらく本を読めなくなるか…

【書評】いま君に伝えたいお金の話

『マネーという名の犬』に続き、子供向けに書かれた『いま君に伝えたいお金の話』を読んでみました。 『マネーという名の犬』の監修を手掛けた投資家の村上世彰さんが書いた本です。 『マネーという名の犬』についてはこちら↓ www.manebanana.work 村上さん…

【書評】きれいでなければ稼げません ほんの少しのコツで、今よりランクアップできる!

きれいでなければ稼げません 衝撃的なタイトルですが、何となく思い当たる節があって読んでみました。 私は美意識は高い方ではなく、メイクは最低限。 服装や持ち物もはシンプルなものを好みます。 流行りものには疎いです。 一言で言うと地味な女です。 で…

【書評】「3か月」の使い方で人生は変わる

「3か月」の使い方で人生は変わる Googleで学び、シェア№1クラウド会計ソフトfreeeを生み出した「3か月ルール」 作者: 佐々木大輔 出版社/メーカー: 日本実業出版社 発売日: 2018/06/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る…

【書評】マネーという名の犬 12歳からの「お金」入門

『マネーという名の犬』のあらすじ タイトルが気になり読んでみました。 ドイツの経営・資産形成コンサルタントのボード・シェーファーさんが書き、村上世彰さんが監修している本です。 このボード・シェーファーさんが書いた「マネーの犬」という本は全世界…

『時間の自由と経済の自由を手に入れる人生の歩き方 働きたくないけどお金は欲しい』は私の心の声がそのままタイトルになっている!と思って即購入

// 働きたくないけどお金は欲しい えっ?なに?私の心の声が本のタイトルに?私のための本? 本屋さんでタイトルを見て一目ぼれして買いました。 この本、私以外にもタイトルにつられて買った方、結構いるのではないでしょうか? タイトルにつられて買った私…

【書評】多動力

先日、図書館に堀江貴文さんの『多動力』があったので借りてきました。 今までにも堀江さんの本は読んでいて、家には以下の3冊の本があります。 ・ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく ・99%の会社はいらない ・ウシジマくんVS.ホリエモン 人生は…

『あの人はなぜ、お金に好かれるのか?』を読んでお金持ち体質になろう!

// 私はお金について書かれた本が大好きなんです。 本棚にはタイトルに「お金」とつく本がいっぱい。 だから、本棚って自分の頭の中を見せるみたいで恥ずかしいんですよね。 本は本屋さんで出会ったものを買うことが多いです。 タイトルに引かれて手にとって…