マネバナナ

好きなことを仕事にしたい30代兼業主婦が好きなように書いています

臨月に入ってからの体調の変化と臨月までに準備したこと

臨月~それは何もやる気が起きない時期~

 出産予定日までついに10日を切りました。

本当に何もやる気が起きない…。

洗濯とご飯を作るのが精いっぱい。

大好きな本さえも読む気がしない…。

こんなんで育児できるの?って心配になるぐらい、寝てばかりの毎日です。

 

そんな私は無痛分娩を希望しているので、予定日より少し前から入院する予定です。

先週の診察では、まだ子宮口は開いておらず、産まれる兆候はないと言われました。

ただ、既に正産期に入っており、いつ陣痛や破水が起きてもおかしくない状況ではあるので毎日ドキドキしています。

特に夫が夜勤で帰って来ない夜は、陣痛や破水となった時に冷静に対応できるか自信がありません…。

お腹の赤ちゃんに、「君のタイミングで出てきていいよ。でも、できたらパパがいる時がいいな…。」と勝手なお願いをする毎日です。

そうは言っても何があるかわからないのが出産。

今日は臨月に入ってからの私の体の変化と、万が一に備えて準備したことについて書いておこうと思います。

臨月に入ってからの体の変化

①お腹が張りやすくなった

私は今回の妊娠が第一子のため、お腹が張るという感覚が正直ずっとわかりませんでした。

でも、9ヶ月に入った頃から明らかにお腹が張るようになりました。

そして臨月。本当にすぐにお腹が張ります!!

家事をしている時はもちろん、椅子に座って本を読んだり、布団で寝転んでいる時もお腹が張るようになりました。

出産のために歩いたり、ストレッチをしたいのに、すぐにお腹が張るので思うように動けません。

私の場合は本当にもう、破裂しそうなほどにお腹がパンパンになります。

お腹の赤ちゃんは苦しくないのか念のためネットで調べたところ、苦しくはないようです。

ただ、休憩はした方がいいようなので、立ち止まったり、座ったり、可能なら横になるようにしています。

あと、ここ2週間ほどはお腹の張りだけでなく生理痛のような痛みも伴うようになりました。

「これ本陣痛だったらどうしよう…」と毎回びくびくしています。

 

②体が重だるい&とにかく眠い

体が重いです…。ご飯を食べただけで、体がさらに重くなるのを感じます。

座っているのも辛いので横になると、秒速で眠りに落ちます。

今まで本を読んだり、動画を見ながら寝落ちすることはなかったのですが、100%寝落ちします。

そして目が覚めると大体2~3時間経っているという…。

気が付くと1日が終わっていて怖いです。

 

③お腹がすく

出産に備えて赤ちゃんが下がってきているせいか、胃の圧迫感がなくなりました。

そのせいなのかわかりませんが、とにかくお腹がすく!!

夫が朝早いときは、5時頃朝ごはんを食べる→2度寝→9時ごろ2回目の朝食となります。

 

④甘いものが食べたくて仕方ない

体重をこれ以上増やしたくないので切実な悩みなのですが、甘いものが食べたくて仕方ないです。

ただ、思うように動けないのもあり、欲求に従って食べていると太ります。

私は甘いものが食べたくなったらココアを飲んでごまかすようにしています。

ココアも飲みすぎるとよくないと思うので、私の場合は1日2回まで。

 

⑤毎日快便

汚い話で申し訳ないのですが、お通じの悩みがなくなりました。

詳しく書きたいところですが、やめておきます…。

 

 

 

 

臨月までにやったこと

①陣痛アプリをダウンロードした

陣痛アプリはスマホですぐにダウンロードできます。

検索するとたくさん出てきますが、どれもほとんど変わりないようです。

②陣痛タクシーの登録をした

陣痛タクシーは登録に時間がかかる会社もあるようなので早めがお勧めです。

また、陣痛タクシーは1社だと万が一の時に捕まらない可能性があるので複数社登録しておいた方が安全なようです。

 

本当は①も②も、もっと早くやるべきだと思うのですが、マイペースな私はどちらも9ヶ月の中頃に登録しました。

 

③入院準備

これは病院から指示があると思うので、言われなくても知ってるよって感じだと思います。

8ヶ月頃には準備しておいた方がいいそうです。

 

④破水に備えて外出時はバスタオルとナプキン、産褥ショーツを持ち歩く。

マイペースな私ですが、お腹がどんどん大きくなるにつれて、「外出中に陣痛が起きたらどうするの?」「破水が起きたら?」と不安になるように。

ネットで調べたところ、実際にそういうことはあるようです…。

万が一に備えて、外出時はバスタオルとナプキン、産褥ショーツを持ち歩くようになりました。

臨月の今は近所のスーパーに行く時も必ず持参するようにしています。

 

⑤お財布に1万円札を入れておく

私は電子マネーやクレジットカードを使うことが多いので、お財布に現金が入っていることがほとんどありません。

ただ、何かあった時にカードや電子マネーが使えないと困るので、お財布に1万円入れるようにしました。

これは出産後も、子どもの急な発熱などに備えて続けた方がいいのかも…と密かに思っています。

 

以上が私の臨月に入ってからの体調の変化と臨月までに準備したことです。

準備しても不安で仕方ないのですが、パニックになると大変なので、頭の中でシミュレーションをする日々です。

なんとか入院日までもって欲しいものです…。