マネバナナ

アーリーリタイアを夢見る30代新米ママが好きなことを好きなように書いています

【映画】『罪の声』35年前の未解決事件に使われた音声テープの声は幼き日の自分だった!

 

映画『罪の声』を観ました。

www.tsuminokoe.jp

 

小栗旬さんと星野源さん、そして宇野祥平さんの演技がとっても素晴らしかったです!

 

目次

 

あらすじ

新聞記者の阿久津英二(小栗旬)は、既に時効となっている未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、「ギン萬事件」について調査を始めた。

「ギン萬事件」とは、35年前、日本中を巻き込み震撼させた驚愕の大事件。

食品会社を標的とした一連の企業脅迫事件は、誘拐や身代金要求、そして毒物混入など数々の犯罪を繰り返す凶悪さと同時に、警察やマスコミまでも挑発し、世間の関心を引き続けた挙句に忽然と姿を消した謎の犯人グループによる、日本の犯罪史上類を見ない劇場型犯罪だった。

 

阿久津が「ギン萬事件」について追い始めた頃、京都でテーラーを営む曽根俊哉(星野源)は、父親の遺品の中から古いカセットテープを見つける。

テープには幼い頃の自分の声で、何かの場所を指示する言葉が吹き込まれていた。

テープと一緒に保管されていた手帳から、その音声は「ギン萬事件」で身代金の場所を指示するものだと判明。

 

やがて「ギン萬事件」を追う阿久津が曽根を訪ねてきて、2人は一緒に事件を追い始める…。

 

感想

 

とっても面白かったです!

小栗旬さんと星野源さんの演技に引き込まれました。

小栗旬さんのクールなのに魂のこもった演技も、星野源さんの繊細な演技も最高。

でも、一番迫力があったのは生島聡一郎役の宇野祥平さん。

登場シーンが怖かったです。

事件に巻き込まれた後の壮絶な人生をしっかりと背負った見事な演技でした!

 

ストーリーもテンポよく進んで飽きさせず、面白かったです。

ただ、ちょっと思ったのは、この未解決事件は周りの大人たちのちょっとした勇気ある行動で解決できたのではないかってこと。

ネタバレになるから書けないけど、阿久津や曽根が事件を追う過程で出会った人たちが行動を起こせば犯人は特定できたわけで…。

実際、そうやってこの物語は犯人たちに行きつくわけですから。

「それを言っては原作も映画も台無し、フィクションなんだから!」って言われればそうなんですけど。笑

身勝手な大人たちのせいで人生を台無しにされた3人の子どもたち、特に生島兄弟のことを思うと不憫で…。

星野源さん演じる曽根さんはもちろん、これまで逃げ隠れしながら生きてきた宇野祥平さん演じる生島聡一郎が幸せに生きて行ってくれることを願わずにはいられない映画でした。

 

10月30日から公開しています。

気になる方はお早めに~!!

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村