マネバナナ

アーリーリタイアを夢見る30代新米ママが好きなことを好きなように書いています

保育園生活7週目。8月3日から始まった風邪症状が最悪の状態に…。


f:id:manebanana:20190825222329j:image
保育園生活7週目が終わりました。

先週は保育園がお盆休みだっため、19日は10日ぶりの保育園。

保育園のお盆休み中は、夫も私も会社は通常営業のため、交代でお休みを取って娘と過ごしました。

お盆期間中、のんびりできたのは娘だけ。笑

長いお休みの後、気がかりなのは登園初日の朝。

さて、娘は泣いたでしょうか?

泣かなかったでしょうか?

 

目次

 

保育園での娘の様子

 

久しぶりの保育園だった19日(月)。

娘は全く泣きませんでした!

朝の準備も意外とスムーズに終わり、保育園に着いた時も嫌がる様子もなく。

保育士さんに体温を測ってもらった後は一人でおもちゃで遊び始めました。

私が「〇〇ちゃん、行ってくるねー。」と呼び掛けても一切こっちを見ず。笑

なんだか私の方が泣きそうな休み明けの保育園となりました。

 

ちなみに、この日は毎日パパと登園する2歳の女の子が、「〇〇もお仕事行くー!」と号泣していました。

パパは困り顔だったけど、ちょっと羨ましかったです。

保育士さんが一生懸命その子をなだめつつも、「〇〇ちゃん、37.1℃でーす!!」と預かりOK(37.5℃以上は預かり不可)であることをパパに伝えた時の口調が冷静すぎて面白くて、思わずパパさんの横で吹いてしまいました。

パパさんも保育士さんのその口調がツボだったらしく、いつも笑わない人なのに、私と同時に吹いていて、それがまた私は面白くて、笑いをこらえるのに必死でした。

(パパさんとは全く話したことがありません。)

保育園を出た後、顔を引き締めるのに苦労しました。

 

保育園に連れて行く時は全く感情の読めない娘ですが、お迎えの時に嬉しい出来事がありました。

ある日、私が保育園に着くと、娘が保育士さんに抱っこされて入口のところにいました。

聞くと、数分前から突然保育士さんの足元に来て、ぐずりだしたそうです。

娘を抱っこしながら、パパ・ママが迎えに来た子の見送りをしているところに私登場。

どうやら私がもうすぐ迎えに来るのがわかったようです。

帰り道、娘の顔を見ながら、ニヤニヤが止まりませんでした。

虹が出ていた日だったので、一時的に娘に魔法の力でも備わったのでしょうか?

 

今月から保育園での離乳食がスタートしたのですが、食べたり食べなかったりする娘に保育士さんが試行錯誤してくれた結果、金曜日は初めて離乳食をおかわりしたそうです。

午前中に30分ぐらいお昼寝をすると、お昼ご飯の時間の娘の機嫌がいいらしく、午前寝をするリズムを作ってくれたとのこと。

たくさんの園児がいるなか、保育士さんたちの間でいろいろ相談して、娘の性格や生活リズム、成長のペースに合わせて対応してくれて本当にありがたいです。

「〇〇を保育園に預けて本当によかったね。」というのが、最近の夫と私の口癖です。

 

週末の娘の様子

 

久しぶりの保育園でさぞ疲れているだろう・・・と思ったら、とても元気です。

体力がついてきたのでしょうか?

昨日は朝5時半に起きたのに、午前中は1時間もしないうちにお昼寝から起きてしまいました。

午後も「お昼寝しよー」と寝かせるも、すぐに起き上がってしまい、なかなか寝てくれず。

結局、15時頃私が寝落ちしたのを見て、娘もお昼寝したようです。

起きたら隣で寝ていました。

かーちゃん11ヶ月ぶりの仕事、数年ぶりの5勤で疲れているのよ・・・土日は一緒にのんびり過ごしておくれ。

 

そんなとても元気な娘ですが、金曜日に急性中耳炎と診断されました。

8月3日から始まった風邪症状が治まらず、保育士さんに勧められて、保育園の近くの耳鼻科に連れて行きました。

そしたら、「耳垢がたまっていて、それを取り除いたら耳の奥が膿んでいた。かなりひどい状態だよ。保育園行ってるの?休ませた方が良いよ。」とのこと。

このお医者さん、腕はいいけど物言いがはっきりしているので、患者さんは好き嫌いがわかれると保育士さんから情報をもらっていました。

 

医師は「なんでこんな状態になるまで放っておいたの!」と言いたげな口調だったけど、私にとって娘が第一子であることを確認し、その言葉は飲み込んでくれたような様子でした。

ちなみに放っておいてはいません。3回も小児科に連れて行っているし・・・。

月曜日にもう一度見せに来るように言われ、3日分のお薬を出してもらって帰りました。

「薬治療だと治すのに時間がかかるから、鼓膜を切って膿みを出した方が治りが速いかもしれないぞ。」と帰り際に言われ、撃沈。

思っていた以上に重症なことと、娘に申し訳ないのとで帰り道は泣きそうでした。

 

耳鼻科でもらった薬の効きが良いようで、娘の鼻水はだいぶ治まっています。

でも、鼻呼吸は難しいようで、口呼吸をしています。

娘よ、本当にだめなかーちゃんでごめん。

 

仕事に育児にもやもやがつのる

 

娘の話ではなく、私のことです。

11ヶ月ぶりの仕事で自分のポンコツぶりに嫌気がさしています。

妊娠、出産、育児による脳へのダメージ(だと勝手に思っている)が大きすぎて、あまりに使えない人間になった自分に自己嫌悪の毎日。

それでも、「仕事で嫌なことがあっても娘の笑顔を見れば忘れられる」と思っていたら、娘は急性中耳炎になり、私のせいで苦しい思いをしていたことが発覚。

仕事も育児も空回り!!

ついでに、電車の中で眼鏡を落としてプライベートも絶不調。

「育休明け1ヶ月から半年は使い物にならないけど、必ず元に戻る。」という育休経験者の言葉を頼りに、「今は耐えるとき…」と、もがきながら毎日を過ごしています。

早くこの状況から抜け出したい…。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月〜19年3月生まれの子へ
にほんブログ村