マネバナナ

好きなことを仕事にしたい30代ワーキングマザーが好きなように書いています

片付けで運気アップ!赤ちゃんを迎えるためにお部屋の片づけを始めました。

最近、赤ちゃんを迎えるためにお部屋の片づけをしています。

臨月になったので、購入してあったベビーグッズをお世話をする予定の部屋に移動。

幸せな悩みですが、ベビーグッズを用意してみて、一気に物が増えた感じがします。

今はおむつやおしりふきといった消耗品が中心ですが、子供の成長につれて、これからどんどん物が増えるんだよなーと思うと、今のうちに私たち夫婦の物を減らさなければ…と今更ながら思ったのです。

 

そうは言っても、私は2年ほど前の引っ越し後にかなり物を減らしているんです。

1LDKのアパートに住んでいたのですが、プロパンガスでガス代が負担だった私たち夫婦は、偶然近くに見つけた都市ガスのマンションに引っ越しました。

間取りが2LDKになって部屋全体も広くなったうえ、家賃は500円安くなり大喜び。

ガス代も半額以下になりました。

ところが引っ越してみると、意外と広く感じないのです…。

原因は物が多いこと。

そこで私は断捨離を始めました。

 

手始めに近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』と『人生がときめく片づけの魔法2』を購入。

  

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

 

人生がときめく片づけの魔法2

人生がときめく片づけの魔法2

 

 

一通り読んで、こんまりさんの指示通りに「ときめくもの」だけを残して、あとはすべて捨てました。

最初は「もったいないかな…」とか思っていた私も、一度捨て始めると快感になってしまって。

不思議なもので、一度「ときめかないもの」はすべて捨てたはずなのに、数日~数週間経つと、「やっぱりこれもいらないかも」ってなったりして、捨てるのが習慣になりました。

 

その後も片付け熱は下がらず、断捨離ブログを見まくる日々。

誰かのブログで『新 ガラクタ捨てれば自分が見える』という本に出会い、片付け熱はさらにヒートアップ。

 この本を読むとさらに物を減らしたい気持ちにさせてくれます。

新 ガラクタ捨てれば自分が見える (小学館文庫)

新 ガラクタ捨てれば自分が見える (小学館文庫)

 

 

私が断捨離をしてよかったと思うこと

①物を捨てたことで安易に物を買わなくなった。

②どこに何がある把握できて探し物をする時間がなくなった。

③片付けが楽になった。

④引っ越し作業が楽になった。

 

最近のブームは1日1捨運動

昨年マイホームを購入して、今の家に引っ越して来た時は以前よりも荷物が減っていたので、引っ越し作業はとても楽に。

でも、1年経てば自然と物は増えるもの。

妊娠したことでマタニティ用品も少し購入したため、物が増えていることが気になり始めました。

片付け熱が上昇して、ここ1ヶ月は1日1捨運動を自分の中で実施しています。

 『人生がときめく片づけの魔法』や『新 ガラクタ捨てれば自分が見える』にも書いてありますが、いらない物を捨てると不思議と運気がアップするんですよね。

 私は本を手放すのが苦手なのですが、購入頻度が多いのでどんどん溜まってしまうんです。

「今握りしめているものを手放さなければ、夢を叶えるために必要な知識や環境は手に入らない。」と自分に言い聞かせて、本に感謝しながらさよならするようにしています。

 

目下の悩みは夫が物を捨てられない性格なこと。

私が潔く物を捨てるのを見て多少マシにはなりましたが、まだまだ物が多いのです。

着ない服、読まない本など手放して欲しいのに、行動にうつしてもらえず。

また、物をストックするのが好きみたいで1つ買えば済むところを2つ3つ買うことも…。

今はただ様子を見ている段階なので、夫の改善方法がわかったら、またお伝えします。