マネバナナ

アーリーリタイアを夢見る30代新米ママが好きなことを好きなように書いています

育休中に始めたこと➀娘の「育てたい!」という一言から家庭菜園を始めました

 

 

昨年10月に出産し、私は現在育休中です。3年前にも育休を取得しており、今回は人生で2回目。第一子の時は時間に余裕があったのですが、今は上の子の保育園の送り迎えがあるし、子どもが2人揃っている時間はあっちで「キーッ!!!(息子の泣き声)」、こっちで「ママ~!!(娘が私を呼ぶ声)」と私はモテモテ。常にバタバタしていて、毎日光の速さで過ぎていきます。

そんな毎日ですが、この育休中に2つのことを始めました。そのうちの1つが家庭菜園です。「家庭菜園」と偉そうに書きましたが、育てているのはいちごとトマトだけです。笑

 

最初に栽培を始めたのはいちごです。今年の1月、花屋さんで売られていたいちごの苗を見て、娘が育てたいと言ったので購入しました。

娘は2歳になってすぐに購入した平山和子さんの絵本『いちご』が大好き。購入してから1年半経ちますが、今でも毎日本棚から出すほどです。

 

この絵本は冬から春にかけて、いちごがまだ葉っぱだけの状態から真っ赤な実ができるまでを描いています。絵本で見たいちごの成長を実際に見てみるのは良い経験になるかもと思い、いちごの苗を購入しました。

 

思い切って苗を購入したものの、私は家庭菜園の初心者。しばらくは毎日娘と水やりをするだけの日々でした。購入時に、大きなプランターに移し替えた方が実がたくさんなると花屋さんに聞いていたので、重い腰を上げて3月についに大きなプランターへ苗を移し替えました。すると次第に苗が大きく成長し、花が咲き、小さな実が付き始めました。


f:id:manebanana:20220519132526j:image
そしてついに真っ赤な実が!!!


f:id:manebanana:20220519132407j:image


f:id:manebanana:20220519132443j:image

食べてみたら、とっても甘かったです。これまでに収穫できたいちごは7粒ほど。まだ青い実があと2つほどあります。今年の収穫は1桁で終わりそうです。

 

トマトは4月から栽培を始めました。娘が「今度は野菜を育てたい!」と言ったので、娘が大好きで、かつ比較的初心者でも育てやすそうなもの…と考えた結果、トマトにしました。

毎日の水やり以外は何もしていませんが(笑)、こちらも順調です。


f:id:manebanana:20220519132618j:image


f:id:manebanana:20220519132637j:image

上の写真の時よりも今はもっと花が咲いて、実もたくさんついています。赤くなるのが楽しみです♪

 

いちごとトマトの栽培を行うにあたって参考にしているのは、娘の愛読書『小学館の図鑑NEO 野菜と果物』です。

 

この図鑑も娘は大好き!1歳になってすぐの頃に購入したのですが、毎日欠かさず開きます。

 

ほぼ水やりしかしていない野菜や果物の栽培が、3歳の娘に良い影響を与えてくれるのかは不明ですが、娘は毎日保育園から帰宅すると真っ先に「トマトちゃんといちごちゃんを見に行く~♪」言うほどかわいがっているので、挑戦してみて良かったなと思っています。

 

我が家の周りは家庭菜園をしているおうちがたくさんあります。トマトの栽培がうまくいけば、ご近所さんを参考にしながら、他の野菜にも挑戦してみたいな~なんて考えています。

 

 

 

楽天ROOMで絵本や児童書の紹介をしています。

room.rakuten.co.jp