マネバナナ

アーリーリタイアを夢見る30代新米ママが好きなことを好きなように書いています

DWEのサンプルDVDをきっかけに2歳娘が英語に興味を持ち始めた!「みんな英語が大好きに」は本当だった。

第二子の妊娠がわかって2週間ほど経った頃、DWE(ディズニー英語システム)のサンプルDVDを取り寄せました。

f:id:manebanana:20210609143319j:image
母子手帳の交付を受けた時にもらった資料の中に入っていた、マタニティ向けDWEの広告が目に止まったからです。出産予定日だけならお腹にいる赤ちゃんの情報も、娘の情報も開示しなくてすむからいいかな、と思って気軽にぽちっと。笑

届いたサンプルDVD&CDを活用し始めて2週間ほど経った頃、今度はショッピングセンターでDWEの勧誘を受けました。初めてのことです。サンプルでDWEの良さを知ってしまったため、恐らく私から「DWE受講したいオーラ」がダダ洩れしていたのではないかと…。

断り文句に「先日ネットでマタニティ用の資料請求したのでサンプルは持っているんです。」と伝えたところ、娘を見た営業の人が幼児用のサンプルとDVDをくれました。

もちろん娘の情報も開示したうえで…。


f:id:manebanana:20210609143820j:image

その時の営業さんが「お子さんが飽きてきても気にせずに3週間~4週間、毎日CDやDVDのかけ流しをしてみて下さい。」と言うので素直な私は即実行しました。そうしたら娘に大きな変化が!!!!

今回はその過程について書いていこうと思います。

 

目次

 

DWEサンプルと出会う前のおうち英語の取り組みと娘の英語レベル

我が家はDWEのサンプルと出会う前からゆるーくおうち英語を始めていたので、一応その時の取り組み状況から書いておきます。

2019年4月、娘が生後6ヶ月の頃にWWK(ワールドワイドキッズ)の受講を開始しました。CDは毎日朝と夜にかけ流し。保育園に通っているので1日3時間程度です。DVDは週に2~3回。ただ、娘が成長するにつれてMimiよりもしまじろう派になり、WWKのDVDを拒否するようになったため、1歳半過ぎからはWWKのDVDはほぼ封印状態。代わりにこどもちゃれんじぷちのDVDを英語音声で週に2~3回見せていました。

そうした取り組みの結果、娘は数字を英語でカウントするようになったり、色や動物、果物などを英語で言うことはありましたが、どれも一時的で〈英語が身についている〉と感じることはあまりありませんでした。

ネットには、1歳過ぎから英語で自分の気持ちを伝えるようなお子さんの情報があふれていて羨ましく感じることはありましたが、私の中で「今はたくさん英語の音に触れさせて耳を鍛える時期」という意識があったので、そこまで焦りはありませんでした。

でもやっぱり、ときどき「我が家のおうち英語はこれでいいの?効果は出ているの?」と思うことも。特に娘が2歳を過ぎてからはそう感じることがたびたびありました。そんな時にDWEのサンプルに出会いました。

娘に表れたDWEのサンプルDVD&CDの効果

私はディズニー好きなのですが、娘が保育園でアンパンマン教に入信してきたため(笑)、娘に対して特にディズニー教育はしてきませんでした。ディズニーランドにも連れて行ったことがありません。そのため、DWEのマタニティ用サンプルを手に入れたものの、娘はそこまではまらないかも…と思っていました。

ところが、一度DVDを見せると娘はドはまり!これまで「しまじろう見る!」とばかり言っていた娘が、保育園から帰ると毎日「ミッキー見る!」と言うようになったんです。

娘に言われるがままにサンプルDVDを見せ、CDのかけ流しを続けて2週間が経った頃、前述した通り、ショッピングセンターでDWEの勧誘を受けました。この時に、ちょっと驚くことがあったんです。

勧誘を受けた後、別の売り場に移動すると、娘がマタニティ用サンプルDVDに収録されている「Peekaboo!」という歌を口ずさんだんです。勧誘の場で流れていたABCソングからDWEのDVDの内容を思い出して歌ったのではないかと…。びっくりしました。

ショッピングセンターで勧誘を受けてからは、マタニティ用と幼児用のDVDを2本続けて娘に見せ始めました。サンプル部分は1本15分程度なので、2本合わせてもWWKのDVDと同じ30分程度。抵抗はありませんでした。

そうするうちに、娘がどんどん英語の歌を口ずさむようになっていきました。最初はABCソングから。以前からしまじろうのABCソングは歌っていましたが、歌えない部分が多かったんです。それがDWE効果でどんどん歌えるようになっていきました。そのうちにDVDを見ながらはもちろん、CDのかけ流し中もさまざまな英語の歌を口ずさむようになっていきました。

DWEのDVDを見始めて1ヶ月ほど経った頃、ついに娘がDWEのサンプルDVDにあき始めました。でも英語熱は増していると感じました。というのも、『しまじろうのえいごのうた』という英語の歌が20曲収録されているおもちゃで毎日遊ぶようになったんです。

 

ちなみにこのおもちゃ、娘が1歳になった頃から我が家にあるのですが、ここ半年ほどは全く遊んでもらえず、おもちゃ箱の底で眠っておりました。それが突然、毎日朝と夜に15分程娘がおもちゃ箱から引っ張り出して遊ぶようになったんです。

更に驚いたのは、以前は『Open,Shut Them』もまともに歌えなかったのに、『London Bridge』 『The Wheels On the Bus』『 Jingle Bells』『Unde the Spreading Chestnut Tree』など難しい歌も次から次へと歌うようになったんです。もちろん完璧ではありませんが、ちゃんと歌詞があっているのが聞いていてわかるんです。DWEのDVDとCDでかなり英語耳が鍛えられたのだと実感しました。

『しまじろうのえいごのうた』のおもちゃで娘が遊ぶようになって少し経った頃、私はそれまで流していたDWEのサンプルCDからWWKのstage1のCDに切り替えました。理由は『しまじろうのえいごのうた』に収録されている歌と同じ曲がたくさんWWKのstage1のCDには収録されているからです。

これをきっかけに、娘は『しまじろうのえいごのうた』で遊ばなくなりました。代わりにCDから知っている曲が流れるたびに口ずさむようになりました。食事中も、ブロック遊び中も。

そんな娘の様子を見て「いまだ!」と思った私は、1年近く封印していたWWKのDVDをついに再び見せ始めました。そうしたら前よりも真剣に見てくれるように。さらにさらに、娘が英語の絵本を「読んで」と持って来ることが増えました。

まだまだ歌以外では英語が口から出てくる頻度は少ないですし、出てきても単語が中心ですが、DWEのサンプルのおかげで、娘の英語熱に火を灯すことができたのではないかと考えています。

 

DWEは受講することにしたのか?

ここまで見てきた方は、「そんなに効果を実感できたのならDWEの受講を開始したの?」と気になっている方もいると思うので、一応書いておきます。

結論から言うと、DWEは受講していません。理由はいくつかありますが、一番の理由はやっぱり「値段」。幼児期の英語教育に100万円以上つぎ込む価値があるのか…と考えると踏み切れませんでした。

もう一つの理由はWWK。我が家は既に正規購入しておりますが、使いこなせているとは言えません。25万の教材すら使いこなせていないのに、果たして100万の教材を使いこなせるのか?と考えたら、自信がありませんでした。

どんなに良い教材が家にあっても、使わなければ意味がない。私の性格上、100万円の教材を買っても、手に入れたことに満足して終わり!になる可能性が高い。だったら、今回のサンプルDVDから娘の英語熱を高めて行ったように、娘の様子を見ながらその時その時の娘にあった教材をちょこちょこ買い足したり、海外に連れて行くことにお金を使った方が良いのかな…と考えました。その方が私も楽しめるし。笑

 

幼児期の教育って英語に限らず正解がわからないからいろいろと不安。ネットには優秀なお子さんの情報があふれているうえ、やっぱりそういう子はお金をかけて育てられている印象があるし。

とはいえ、良いと言われるものをすべて取り入れられるほど我が家には財力がないので、「どういう子育てをしたいか、どんな子に育って欲しいか。」をよーく考えて軸を作り、その軸にあったものだけ取り入れていくようにしようと思います。

 

楽天ROOMで絵本の紹介をしています。

room.rakuten.co.jp