マネバナナ

アーリーリタイアを夢見る30代新米ママが好きなことを好きなように書いています

絵本『くだものどうぞ』果物を切るときの音の表現が心地よい

娘は最近、フルーツに夢中です。

絵本の中にフルーツが出て来ると、「あっ!あっ!」と言って指さしをします。

良く見つけたな…と思うほどに小さく描かれたものまで。

布団に描かれた小さな小さなキウイとか。笑

 

フルーツに興味をもつきっかけを作ってくれたのはWorldwide Kidsのstage1。

木製フルーツのおもちゃは、届いた瞬間から娘の大のお気に入りとなりました。

f:id:manebanana:20200418161016j:plain

 

そんなフルーツ大好き娘が絵本の読み聞かせの時によく選ぶのが『くだものどうぞ』。 

この絵本の良いところは、絵が本物そっくりなことと、果物を切った時の音の表現を知ることができること。

「りんごをざくっ」とか、「いちごをぷちっ」とか、「パイナップルをずばっ」とか。

娘はこれらの音の表現がお気に入りで、いつも「ざくっ」「ぷちっ」など真似します。

しかけ絵本なので、めくるのも楽しいようです。


f:id:manebanana:20200522220935j:image


f:id:manebanana:20200522220949j:image


f:id:manebanana:20200522221003j:image

 

我が家は図鑑育児を実践中。

『野菜と果物』の図鑑も娘はお気に入りで毎日眺めているのですが、残念ながら図鑑では果物を切った時の音の表現を学ぶことはできません。

小学館の図鑑 NEO 野菜と果物

小学館の図鑑 NEO 野菜と果物

  • 発売日: 2013/04/25
  • メディア: 大型本
 

絵本と図鑑の両方を活用することで、果物への理解が深まっているのではないかなと思います。

名前を言えるフルーツも、少しずつ増えてきているところです。

 


我が家は『いろんなおやさいどこになる?』も愛用中。

お野菜がどんな風にできるのかが、絵本を通して学べます。 

www.manebanana.work

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月〜19年3月生まれの子へ
にほんブログ村