マネバナナ

アーリーリタイアを夢見る30代新米ママが好きなことを好きなように書いています

【小説】『スロウハイツの神様(上)(下)』伏線の回収術が圧巻!

 

辻村深月さんの小説『スロウハイツの神様』を読みました。

『まなの本棚』で芦田愛菜ちゃんが辻村さんの小説を絶賛していて、ずっと気になっていたので。

読んでみて、愛菜ちゃんが絶賛する気持ちがわかりました。

私も辻村深月ファンの仲間入りです!

 

目次

 

あらすじ

人気作家チヨダ・コーキの小説で人が死んだーあの事件から十年。アパート「スロウハイツ」ではオーナーである脚本家の赤羽環とコーキ、そして友人たちが共同生活を送っていた。夢を語り、物語を作る。好きなことに没頭し、刺激し合っていた6人。空室だった201号室に、新たな住人がやってくるまでは。【引用元:スロウハイツの神様(上)背表紙】

 

莉々亜が新たな居住者として加わり、コーキに急接近を始める。少しずつ変わっていく「スロウハイツ」の人間関係。そんな中、あの事件の直後に百二十八通もの手紙で、潰れそうだったコーキを救った一人の少女に注目が集まる。彼女は誰なのか。そして環が受け取った一つの荷物が彼らの時間を動かし始める。【引用元:スロウハイツの神様(下)背表紙】

 

赤羽環が自身の脚本に惚れ込んだ見知らぬおじいさんから譲り受けた元旅館の建物。

そこに6人の友人たちを住まわせ、共同生活を始めた。

アパートの名は「スロウハイツ」。

メンバーは建物の所有者である赤羽環、漫画家の卵である狩野とエンヤ、映画監督の卵である正義、画家の卵であるスー、そして小説家のチヨダ・コーキと、その敏腕編集者である黒木。

 

チヨダ・コーキは10年前、読者が自身の小説をモデルにした殺人ゲームを起こしたことがきっかけで世間からバッシングを受け、責任を感じて書けない時期があった。

環はその事件が起きる前からチヨダ・コーキのファンで、脚本家になってコーキと知り合い、スロウハイツに彼を招待した。

 

始めは順調だった7人の生活。

しかし、エンヤが出て行き、空室になった部屋に新たな住人として加々美莉々亜が加わったことで、少しずつスロウハイツでの人間関係に変化が生じ始める。

 

感想

 

正直に言うと、上巻はちょっと退屈しながら読んでいました。

この物語は何?友情物語?

ストーリーがどこへ向かうのかよくわからなくて、ページをめくる手もゆっくり。

本を開くときは「ふーっ。読むか。」といった感じ。

それが、下巻に入ったあたりから、本を閉じるのが惜しくなってきました。

ページをめくる手を止められなくなったのは第11章あたりから。

もう夢中で読んでいました。

そして最終章。

目は潤み、心臓のドキドキがとまらない!!

「私はこんなにも優しくて、せつない物語を読んでいたのか…。」と胸がいっぱいになりながら最後のページへたどり着きました。

読み終わった後は、しばらく放心状態。

「退屈だと思っていた部分に書いてあったあれもこれも、すべてここに繫がっていたのかー!」と叫びたくなる衝動を抑えるのに必死でした。

 

ただの友情物語ではありませんでした。

ネタバレになるので詳しいことは何一つ書けませんが、私は心から読んで良かった!と思える本でした。

愛菜ちゃんが繰り返し読んでしまう理由が今はよくわかる。

 

ちなみに、愛菜ちゃんは『スロウハイツの神様』に登場する赤羽環が好きなんだそうです。

私はチヨダ・コーキ派です。

見かけによらず行動力があり、一途なところに好感がもてます。

 

辻村深月さん、すごい人です。

上下巻あり、かなりの長編ストーリーの伏線を最後に一気に回収する技術には圧巻。

これから読む方は1ページ目からじっくり読むことをおすすめします。

いろいろなところに仕掛けが隠れていますので!

 

他の辻村さんの作品を読むのが楽しみです!

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)

  • 作者:辻村 深月
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: 文庫
 
スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

  • 作者:辻村 深月
  • 発売日: 2010/01/15
  • メディア: 文庫
 

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 子育てブログ 2018年4月〜19年3月生まれの子へ
にほんブログ村